第3回学生論文コンテストの受賞者が決定しました

論文と口頭発表両方の審査により、以下のように決定いたしました。

1.学部学生部門
【最優秀賞】
  森 峻人 氏(慶應義塾大学)
  「時間割引率とその関連変数の心理的背景要因に関する実証研究~大規模シングルソースデータベース等を用いて~」

【優秀賞】
  室田 誠 氏・齋藤 祐也 氏(信州大学)
  「罰則の有無による行動の違いと保険加入行動との関係」

2.修士学生部門
【最優秀賞】
  該当者なし

【優秀賞】
  安藤 希 氏(一橋大学)
  「教育が損失先送り効果に与える因果効果~投資家の異質性を考慮したRCTによる実証分析~」


【総 評】
行動経済学の現状を反映して、テーマも方法も広い範囲にわたった論文が多数寄せられました。どの論文にも創意と工夫の跡が見られます。
応募総数11件を数える今回の学部生部門では、一次審査合格7件、受賞論文2件という厳しい選考になりました。二次審査を通過したどの論文も、学部生の論文として優れた研究成果だというのが審査委員の一致した評価です。
卓越した論文を本コンテストにご応募いただきありがとうございました。

学部学生部門の最優秀賞に選ばれた森論文は、メタ分析をふくめた綿密な分析によって、時間割引の決定因を心理学と経済学の学際的な観点から解明した点が高く評価されました。
同部門優秀賞の室田・齋藤論文は、独自性の高いアイデアを確かな実証手続きで研究成果に結実させた手腕が評価されました。
修士学生部門優秀賞の安藤論文は、コンピューターネットワークの模擬市場を使って、気質効果と投資教育、投資家の認知特性の3者の関係を考察した新規性が評価されました。
受賞者の表彰は第14回行動経済学会大会(成城大学/12月12日~13日)にて行います。

                    第3回学生論文コンテスト審査委員
                    池田 新介(審査委員長)
                    犬飼 佳吾(審査副委員)
                    佐々木周作
                    高橋 秀徳
                    竹内  幹
                    林  良平
                    山根 承子