第2回ヤフー株式会社コマースカンパニー金融統括本部 優秀論文賞の決定

第2回行動経済学会ヤフー株式会社コマースカンパニー金融統括本部優秀論文賞の受賞論文と受賞者が決定いたしました。受賞者は規定により受賞論文の共著者のうちの学会員です。

受賞論文:

“Inferior Products and Profitable Deception” by Paul Heidhues, Botond Kőszegi, and Takeshi Murooka (2017), The Review of Economic Studies ,84(1):323–356 

“Moral Suasion and Economic Incentives: Field Experimental Evidence from Energy Demand” by Koichiro Ito, Takanori Ida, Makoto Tanaka (2018), American Economic Journal: Economic Policy, 10(1): 240-267.

受賞者:伊藤公一朗(シカゴ大学)、依田高典(京都大学)、田中誠(GRIPS)、室岡健志(大阪大学)

選考委員は

大竹文雄(委員長:大阪大学)、池田新介(関西学院大学)、大垣昌夫(慶應大学)、岡田克彦(関西学院大学)、竹内幹(一橋大学)、星野崇宏(慶應大学)

 および海外委員

Dirk Engelmann (Humboldt-University Berlin)

https://www.wiwi.hu-berlin.de/en/professuren/vwl/microeconomics/people/dengelmann

Paul J. Ferraro (Johns Hopkins University)

https://www.pauljferraro.com/

George F. Loewenstein (Carnegie Mellon University)

https://www.cmu.edu/dietrich/sds/people/faculty/george-loewenstein.html

でした。